産後の方

まず初めにお読みください

長い妊娠期間を経てご出産おめでとうございます。
そして本当にお疲れ様でした。

そしてホッと一息つく暇もなく赤ちゃんとの新しい生活が始まります。
産後すぐは「産後ハイ」で気分も高揚し幸せいっぱいですが、
実際ママの体は想像以上にボロボロです。
お体の痛みに加え、免疫力の低下、体力の低下、そして、精神状態も不安定になりやすい時期です。

ですから産後に無理をするとその後の育児に支障が出てしまうこともあるので、
できる限り周りに甘えて、ご自分のケアの時間も大切にしてくださいね。

産後の腰痛や背中痛の原因

まず、お腹の赤ちゃんが大きくなってくると
お腹の筋肉は風船のように伸びきってほとんど筋力を失うので、
その反対側の腰や背中の筋肉が体を支えるために常に踏ん張っている状態です。

そうすると背面の筋肉が収縮して血行が悪くなり凝り固まってしまいます。

これが腰痛や背中痛の原因です。

そして、この背面の筋肉の収縮により骨盤が引っ張られ前傾してしまいます。

いわゆる「反り腰」です。

それは出産したからといって治るものではなく、
産後は赤ちゃんを抱っこすることで反り腰に拍車をかけてしまいます。

産後ケアで改善できる事

産後は上記のように反り腰に拍車をかけてしまいます。

しかも、妊娠初期から分泌された関節や靭帯を緩める
「リラキシンホルモン」は産後しばらく分泌され続けます。

ですから、まだ体はぐらぐら状態。
でも赤ちゃんの抱っこや授乳、添い乳などで体を歪ませることが多い時期です。

やがて1〜2カ月でリラキシンホルモンの分泌が少なくなり
関節や靭帯は硬くなり元の体に戻ってきます。
この時期に歪みがあると「歪んだ状態で固まってしまう」ということです。
ですから産後ケアでは、
凝り固まった背中や臀部の筋肉をしっかりほぐし骨盤の前傾(反り腰)を改善します。

骨盤の前傾を改善するといいこといっぱい!

  • 肩こり、腰痛、背中痛の改善
  • お尻が小さくなる
  • 下半身のむくみや冷えが改善されて足がほっそりする
  • 内臓機能がアップされ代謝が良くなる
  • 血流が良くなる
  • ポッコリお腹がへっこむ

など、嬉しいことばかりです。

そして妊娠中からずっと頑張ってきたママの心と体はとてももろくなっています。
ですからお体をほぐして心身ともにリラックスして幸せホルモンを
たくさん分泌していただくことが今後の育児にとって何より重要なことです。

幸せホルモンが分泌されることで母乳の分泌も良くなり、赤ちゃんをより一層愛おしく感じ、
母親になった自分を認めながら育児を楽しむことへと自信と心の余裕に繋がります。

また、産後は姿勢やホームケアがとても大切になってきますので
施術後に姿勢や抱っこの仕方などアドバイスさせていただきます。

  • 産後アロマ
  • 産後の骨盤矯正